miraieiwate.gif

2012年09月11日

魚はもう食べることができないのかも・・・

先日、ショックな動画を見つけた。

福島の原発の事故が起こってから濃厚度の汚染水が海に流されている。
それが原因で数年後には魚を食べることができないのかも・・・という懸念と
海では遊ぶことさえもできなくなるのではないかという恐怖を感じた。

http://www.youtube.com/watch?v=_8N-umYzWGs
数十年後の放射能拡散予測地図 太平洋全部が高濃度放射能汚染

事実、東京湾で続々と奇形の魚が水揚げされるようになった。

事故が起こる前も時々は奇形魚は水揚げされていたようだが、
事故以降はその頻度が多くなり、現在は週に2回は水揚げされるのだと。

http://hotspotmap.blogspot.jp/2012/06/blog-post_04.html
あしたの歴史より

奇形魚は刺身にしてしまったら、奇形だったのかさえ知ることはない。

そう言った魚を安く購入する店もあるようで・・・

私達は知らない間に奇形魚の刺身やお寿司を食べているのかもしれない・・・




posted by yuki at 22:11| Comment(2) | 放射線量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

心の闇

ひとつのいじめの話を聞くと、次々といじめに関する情報を耳にするようになってしまった。

ひどい場合は低学年からすでに始まっている。

それにどれだけ親や学校が気づくことができるのだろうか。

周りにわからないように、証拠を残さないように巧みにいじめを行う。

勉強が出来て、スポーツが出来て、人気者。

そんな子が陰険ないじめを行う。

人に言えず、悩んでいる子はどれくらいいるのだろう。

親しい人の子供だから言えないって悩んでいる親はどれくらいいるのだろう。

やっぱり学年だけの問題じゃない。


でも、人が死んだり、刑事事件に発展しない限り動かない、動こうとしない教育機関て・・・


子供の心の闇なんて知りたくない・・・

でも、向き合う必要は絶対にあると思う。

大変なことになる前に・・・


posted by yuki at 23:04| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

対策が遅いのも納得。

奥州市は放射線量が高い。
それはもうずいぶん前に分かっていたこと。
奥州市は「子育て環境ナンバーワン」を目指している。

はずなのだか・・・

放射線量が高いため、放射線被曝から子どもを守る会・いわてでは多くの活動を行なってきた。
市長に要望を出したり、学校に行ったり。
その度に対策を検討します  などの回答をもらっていたが一向にすすまない。

その理由も少しずつ分かってきた。

これじゃ、なかなか進まないのも納得だ。


奥州市の一番大きな小学校でいじめが発覚した。

それも2年も前からという執拗なもの。

担任に何度も相談をし、対策を提案し続けたようだが、全く進展なし。

その間もいじめは続き・・・

上まで話がいってなかった。

それも問題だか、なんら対策が行われてなかったことに驚く。

しかもいじめだけでなく、物をとられるという行為もあり。

それらの話が上までいったのはここ数ヶ月。

もう子供の状態は最悪だった。

小さな子供が発症するにはありえない症状。

それでも、学校も教育委員会も動かない。

対策します。だから・・・待て と。

また、奥州市の一部の公共施設で物がなくなることは少なくない。

靴でもケースでもゲーム機でも。

それは周りは気がつかないものだろうか。

物がなくなることを学校に相談した人から聞いた話には驚いた。

物を間違えて持って来たのか、わざとかはわからない。

わざと持って来て、悪いことだと分かっているから巧みに隠す場合もあるだろう。

だけど、それに親が気づくことができないのは(仕事で)忙しいからだと。

子供を、子供の目を毎日見ていればどこかおかしいと気がつくものではないのだろうか。

いつもと違うと気づくことができないのは子供をちゃんと見ていない証拠なのではないかと。

その言い訳が忙しい それで片付けることができるのだろうか。



いじめを受けた子供は転校することになったが・・・

なんら対策が行われていない状態なので、このままだといじめを受けた側が転校してしまったら終わり。

そうなりそうで怖い。

いじめはいじめた側にもいじめられる側にも問題があるという。

それはそうかもしれないが、いじめた側にもなんらかの精神的な問題もあるだろう。

心が満たされていれば、きっと起こらなかっただろう・・・そう思いたい。

いじめた側の心のケアもそれに対する対策も行わず、これで終わりでいいのだろうか。

転校できるからいいわね・・・

転校しなきゃいけないまでに追い詰められていたのに。

物を盗むという行為も立派な犯罪。

刑事事件にしなければ、誰かが死ななければ大きな問題にできない。

いじめ問題は誰にでも可能性のある問題。

自分には関係ないじゃ済まされない。

自分の子供にも可能性のある大きな問題。

見てみぬふりのできない問題なのに、なんら対策も行わない学校や教育委員会。

大きな問題は学年だけの問題としかされず、ひたすら隠され続ける。

どの学年でも起こりうる、また実際に起こっているであろう問題。

それでも学校全体の問題としない学校や教育委員会。


そんな学校に、そんな環境の中にあなたの大切な子供を通わせたいと思いますか?


posted by yuki at 17:15| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。