miraieiwate.gif

2012年10月11日

「内部被爆を生き抜く」を

先日、守る会・いわて奥州支部のお茶会と兼ねて、
鎌中ひとみ監督最新作の「内部被爆を生き抜く」を見ました。

http://ameblo.jp/miraieforchildren-iwate/
放射線被曝から子どもを守る会・いわて

内部被爆は外部被爆の1000倍のダメージをうけると言われています。

外部被爆は放射線量が高い場所から移動すれば被曝は抑えることができます。

内部被曝は食物などが放射性物質に汚染されているため、放射性物質を体内に取り込んでしまい、
結果、放射性物質が体の外に出ていかない限り体の中で被曝し続けてしまうため、
ダメージが大きくなってしまいます。

内部被爆の影響は明らかになっていないため、どういったダメージを受けるかわからないと言われています。

それでも、放射性物質に汚染されてしまった現在、被曝をさけて通れなくなってしまっているため、
外部被爆はもちろん、内部被曝をどれだけ抑えるかが重要といえるでしょう。

DVDの内容には衝撃的な話が沢山ありました。

広島や長崎で被曝した人々が体がだるいと言い出し、その後突然亡くなっていた。

福島で起こった原発の事故で放出されたセシウム137は、広島に投下された原爆の約168個分と言われています。

この先、広島や長崎で起こった出来事が福島で起こらないとはいえない。

また、被曝=癌というイメージが強いものですが、その影響は癌だけでなく、
動脈硬化、脳梗塞、高血圧、心筋梗塞、脳血管性認知症などの「老化を早める」
原因にもなると言われています。

被爆が強ければ強いほどなんらかの病気にかかってしまうリスクはあがるといえるでしょう。

DVDの中にも様々な事情で逃げることができず、除染などを行いながら、
食べ物に気を付けて少しでも内部被曝を抑えようと努力している方のお話もありました。

奥州市も決して人事ではないでしょう。

原発事故はもう過ぎてしまったものではなく、これからもずっと続くもの。

なぜなら身近に放射性物質が存在するのだから。

機会があればまたDVDを見たいと思います。

今回、この機会を作って下さった皆様に感謝致します。



posted by yuki at 16:56| Comment(0) | 放射線量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

魚はもう食べることができないのかも・・・

先日、ショックな動画を見つけた。

福島の原発の事故が起こってから濃厚度の汚染水が海に流されている。
それが原因で数年後には魚を食べることができないのかも・・・という懸念と
海では遊ぶことさえもできなくなるのではないかという恐怖を感じた。

http://www.youtube.com/watch?v=_8N-umYzWGs
数十年後の放射能拡散予測地図 太平洋全部が高濃度放射能汚染

事実、東京湾で続々と奇形の魚が水揚げされるようになった。

事故が起こる前も時々は奇形魚は水揚げされていたようだが、
事故以降はその頻度が多くなり、現在は週に2回は水揚げされるのだと。

http://hotspotmap.blogspot.jp/2012/06/blog-post_04.html
あしたの歴史より

奇形魚は刺身にしてしまったら、奇形だったのかさえ知ることはない。

そう言った魚を安く購入する店もあるようで・・・

私達は知らない間に奇形魚の刺身やお寿司を食べているのかもしれない・・・




posted by yuki at 22:11| Comment(2) | 放射線量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

心の闇

ひとつのいじめの話を聞くと、次々といじめに関する情報を耳にするようになってしまった。

ひどい場合は低学年からすでに始まっている。

それにどれだけ親や学校が気づくことができるのだろうか。

周りにわからないように、証拠を残さないように巧みにいじめを行う。

勉強が出来て、スポーツが出来て、人気者。

そんな子が陰険ないじめを行う。

人に言えず、悩んでいる子はどれくらいいるのだろう。

親しい人の子供だから言えないって悩んでいる親はどれくらいいるのだろう。

やっぱり学年だけの問題じゃない。


でも、人が死んだり、刑事事件に発展しない限り動かない、動こうとしない教育機関て・・・


子供の心の闇なんて知りたくない・・・

でも、向き合う必要は絶対にあると思う。

大変なことになる前に・・・


posted by yuki at 23:04| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。